組織が成長するために(GIANT KILLING 2008.3.6から)

ビジネスに役立つサッカー監督漫画『GIANT KILLING』が面白い。

主人公、達海監督が引きいる弱小チーム、イースト・トーキョー・ユナイテッド(ETU)は、
開幕以来の連敗から連勝、そして引き分け続き。
今節の新潟戦も相手の先制を許し、1-0のままハーフタイムに突入する。
MF赤崎が両SBのプレイを批判から、選手たちは一気に衝突する。

giantkilling_01_20080313.jpg

伸び方ってのは人それぞれあるもんだ
でもチームってもんはひとつしかねえ

選手たちの意識がばらばらで波に乗れないと見抜いた達海は、
選手同士がぶつかりあってでも議論しろという。

giantkilling_02_20080313.jpg

そうすりゃ相手の考えがわかる
それが次々広がって
チームっていうひとつの生き物になる

そうやって強いチームってのはできるんだぜ

たいていの組織には、人事異動によって人の出入りがある。

それまで共有できていた価値観や意識から言葉の定義まで曖昧になる。

もちろん、OJT的に仕事のなかでひとつひとつ共有化するのもありだが、
試合中のような緊張下で一気にぶつかりあえばスポーディーにまとまる。

もちろん、衝突して被害がでないよう、コーディネーターは必要だが。

『はじめての課長の教科書』では、“オフサイトミーティング”を提案している。

人の出入りがあったら実施してみたいので、資料を集めようと思う。

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。