プレゼン前に飛び込んできたプレゼンの極意(古川さんと小越さん)

来週のプレゼンに向け、追い込み中。
ネットを見てもついプレゼンネタを探してしまう。

遭遇したプレゼンの極意を2つ。

「結論を最後に持ってくるのではなくて、最初の2分間で自分は誰で何を提案しているのか明確に語り、しっかり相手の心を掴むんだよ」

(「古川 享 ブログ: シリコンバレーへのツアー、2日目後半から引用)

わたしのプレゼンも、基本的に頭と最後に結論を置く典型的なスタイル。

ただ、2分という時限性を意識していなかった。確かに発表の第一印象はそこで決まる。

  1. ○○とは(概要の紹介と結論)
  2. ○○の狙いと背景(Whyを提示)
  3. 目次(プレゼンの構造を視聴者にインプット)

    最初の3ページで一気にたたみかけるべく、構成を変更した。

    古川さんに感謝。

    続いてもうひとつ。

    本番1日前に1回練習する。

    「プレゼンをうまくいかせるたったひとつの方法|今日のニッパウ」から引用)

    練習のメリットのなかでも

    ・もっと良いプレゼンにしたくなる

    が、前向きでステキだ。

    できればプレゼン前日の午前中に練習して、内容をもう一度練り直そう。

    小越さんに感謝。

    そのためには、今日中に仕上げて来週練習だ。

    う、、、今日中は・・・無理っぽいなあ。

    広告

    タグ:

    コメント / トラックバック2件 to “プレゼン前に飛び込んできたプレゼンの極意(古川さんと小越さん)”

    1. 小越 Says:

      ご紹介ありがとうございます!

      良いプレゼンになりますように祈っております、

    2. passionhack Says:

      小越さん
      コメントありがとうございます。
      いつもたくさんのビジネスのヒントをありがとうございます!

      プレゼン、、、(^^;)
      がんばります。

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。