自分たちのスタイルを貫くか?(GIANT KILLING 2008.03.27から)

自分たちのスタイルを貫いたり、
相手に合わせてカタチを変えたり、
戦い方はさまざまだ。

でも、求められる成果はひとつ、「勝利」という結果だ。

毎度おなじみ、ビジネスに役立つサッカー監督漫画『GIANT KILLING』が面白い。

4人のFWというリーグ最強の攻撃力をもつ大阪ダンナーズとの対戦を迎えるETU。

style_20080402.jpg

「ETUは相手によって戦術を変えてくるチーム
しかし我々は自分達のスタイルに誇りを持ったチームだ

美しくたくましいフットボール・・・
いくら向こうが姑息に勝利を狙ってこようと
その信念を曲げてはならない

我々はいつも通りの攻撃的な美しいフットボールを披露し・・・・・・
そして圧倒するまでだ」

オランダ人監督、ダルファーは選手を鼓舞する。

さて、企業で働くものもプロである以上、結果が求められる。
そのために、スタイルを変えるのはかまわない。

でも、サッカーとちがうのは、競争相手に合わせるのではないこと。

自分たちのクライアントに合わせる以外に、ビジネスの勝利はない。

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。