『成功する上司』にプロフェッショナリズムの不足を痛感

収先企業に乗り込んだ主人公は、立て直しに苦戦するなかで上司としてのありかたを考えていく。

『成功する上司』は、リーダーシップに関する物語型ビジネス書だ。

まだ読み終えていないが、自分に言い聞かせたい箇所があったのでとりあげる。

  • メモを取る・・・目下の相手と話すときは特に
  • 「掃除二十年」・・・人を動かそうと思ったら、まず自分が動け

ビジネスに取り組むうえで、プロフェッショナルなら当然な、自分に対する厳しさが足りなかった。

周囲の動きが変わらないと批判するエネルギーがあるなら、自らの態度を改めたい。

本書を読んで、己の未熟さを痛感。

※書評は読後に掲載する。

広告

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。