図書館戦争で響いた言葉

メディア統制のゆがみから図書館を巡る戦争にまで至った、という絶妙な設定がそそる『図書館戦争』シリーズを読み始めた。

響いたのがこの言葉。

正しい手順で主張された意見にはルールを守る人間が主張したという裏付けがつく。
大人が正規の手順を守るのは自分の主張に裏付けを作るためだ。

(「図書館戦争」から引用)

学校図書館の図書の選定に介入しようとする『子供の健全な成長を考える会』の集会。

そこに投げ込まれたロケット花火。
自分たちの読書の自由を守ろうとする中学生の行動だった。

主人公の上官、堂上がその行為を厳しく追及する台詞なのだが・・・。

ルールとの相性

わたしはこのルールって奴と相性が悪い。

でも、その価値を伝えるこのストーリーに、はっとさせられた。

もう大人なんだよね。

『図書館戦争』公式サイト
「図書館戦争」公式サイト

広告

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。