「新しい戦略の教科書」は赤いらしい

「はじめての課長の教科書」が青いからか、
「新しい戦略の教科書」は赤いらしい。

「404 Blog Not Found:何があたらしいか? – 書評 - あたらしい戦略の教科書」

献本されたアルファブロガーのブログで姿を見せ始めている。

このことは、断片的には報告されては来た。会社によっては最高戦略責任者という役職を置くところさえ現れてきた。しかし、本書ほど「戦略」が「われわれ」のものでなければ駄目だということを全面に押し出した本を見たことがない。その点において、本書は確かに「新しい」。

「404 Blog Not Found:何があたらしいか? – 書評 - あたらしい戦略の教科書」から引用)

シンクロめいているが、最近「ファシリテーション」の本を読み込んでいる。
会議進行のスキルぐらいに思っていたが、集団の合意形成に有効な手段とわかった。

うまくいけば、それこそ戦略の立案まで可能かもしれない。
ファシリテーションを使って、われわれの戦略を作り上げる、とイメージできる。

さて、同書では戦略立案の方法論がどう紹介されているか。
というわけで、早く「新しい戦略の教科書」を読みたい。

広告

タグ:

コメント / トラックバック2件 to “「新しい戦略の教科書」は赤いらしい”

  1. 書評リンク Says:

    あたらしい戦略の教科書…

    書評リンク – あたらしい戦略の教科書…

  2. 矢向町のインデックス投資家 Says:

    あたらしい戦略の教科書 読書メモ…

    あたらしい戦略の教科書 読書メモ 買う動機  1.「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)を読んで、  分かりやすくて……

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。