Archive for the ‘なんでも2.0’ Category

「プロフェッショナルブロガー応援プログラム(仮)」に期待

1月 7, 2009

ブログサービス単体で黒字化を果たしているlivedoor Blog。

2009年の抱負にひきつけられた。

「好きを仕事にするlivedoor Blog」
これは、livedoor Blogの掲げるコンセプトです。

ある分野で一流の知識や技術を持っている人は、それを公開することによって、しかるべき対価を得てしかるべきだと考えています。それはブロガーの場合も同じです。
そこで私たちは、多くの人のためになる記事を量産しているプロフェッショナルなブロガーをシステム的にも経済的にもサポートする活動に力を入れていきたいと思います。
現在は「プロフェッショナルブロガー応援プログラム(仮)」と呼んでいるのですが、平たくいうと、おもしろいブログが書ける人がそれだけで飯が食えるような状況をつくり出すのが理想です。
専業のプロフェッショナルなブロガーが、優良なブログを更新することだけで生活できるようになれば、書き手と読者とブログサービス提供業者の恩恵がともに最大化されるのではないかと考えています。
「livedoor Blog 開発日誌 : 2008年のまとめと2009年の抱負 – livedoor Blog(ブログ)」から引用)

ブロガーが記事を書くことで収入を得るのはまだまだ難しい。

  • AMNに所属するようなアルファブロガーになる
  • アフィリエイト

価値のあるアウトプットをだせることが経済的に評価されることは、
ブロガーのモチベーションにもつながる。

どういったかたちになるのか、とても期待している。

というわけで、またlivedoor Blogにひかれている・・・。
「WordPress.comから浮気しようとした4つの理由 <<PASSION HACK」を参照)

37signals Liveに共感

8月 20, 2008

37signalsというGTD系のひとたちが、自分たちのスタンスや考え方についてLive配信を行った。
ありがたいことに、そこから15項目が日本語で紹介されている。

そのうち、

に共感。

Web上では新しいサービスが生まれ続けている。
遅れれば、このサービスって、あのサービスに似てるよね?と指摘を受ける。

もしくは、十分に研究したうえで、それを凌駕するサービスを作るか。

どちらかはっきりしたほうがいい。

といいつつ、実はもうひとつ衝撃が。

  • 100% Macで開発。

自宅のMacBookを使えるようにしよう!っと。

iPhone*GoogleMap ストリートビュー(撮影車情報を追加)

8月 5, 2008

GoogleMapのストリートビュー機能の日本版が公開された。

海外でリリースされたときは面白いことするぐらいに思っていたが、いざ自宅が写ると驚く。

もしiPhone用にGoogleMapのストリートビューの表示を最適化したアプリを作れば、カーナビになってしまうのでは、と妄想した。

でも、このアイデアって、auの「EZ助手席ナビ」のように実現化されている。

それでもiPhone版なら使ってみたくなるのは、画面の大きさが原因だろうか。

追加情報

どんな車で撮影しているのか気になった。

「Chatting with a Google Street View Driver – eKstreme.com」

→信じられないくらい巨大なアンテナ

「Long Tail World: グーグルStreetViewの運転手の話: Google Street View Driver Chats with eKstreme」

→上の記事が日本語になっている。運転手は大変そうだ。

「富良野~旭川間の国道237号線でGoogle Mapのストリートビュー撮影車を目撃した!! – かぎっ子が虎視眈々と」

→日本版は今後も広がりそうだ。がんばれ、撮影車!

追加情報2

iPhoneとGoogleMapストリートビューを組み合わせたネタを、林さんもブログに書かれていた。

そしてこの技術とiPhoneや来年登場するAndoridといった次世代携帯電話との連携が可能になることで、どんなライフスタイルがひろがるかということ。

「nobilog2: ついに日本でもスタート、Google Mapストリートビュー」から引用)

AppleのiPhoneの次は、GoogleのAndroidか。しかも、ライフスタイルの変化にまで言及されている。

しかし、わたしはライフスタイルが変わるほど、iPhoneを使い込んでいない。がんばれ、自分!

IT勉強会カレンダーにびっくりした

7月 31, 2008

勉強会、とまでいかないが、セミナーによく参加する。

でも、このカレンダーには圧倒された。

「IT勉強会カレンダー」

日本全土でこれほど勉強会が開かれているとは。

そして、Googleカレンダーを使って公開しているかたがすごい。

出典:勉強会は、講師と受講者のライブセッションだ - @IT自分戦略研究所

Mozilla CEOに見せてもらったFirefox mobileは今年の秋に登場?

6月 26, 2008

MozillaのCEO、ジョン・リリー氏がブロガーの質問に次々と答える。
なぜか、そのなかにわたしもいた。場所は、Mozilla Japanのオフィス。

ジョンさんは、きさくに、楽しそうに、Firefox3のDownload Dayを振り返ったあと、Firefoxの未来へと話を進めた。

  • Firefox3.1がSHIRETOKOというコードネームで、2008年度中に登場すること
  • Firefox4が2008年以降に登場すること(当たり前だけどね、と笑いながら)

そして、Firefox mobile。

横長のスマートフォンを見せながら、こんな感じでと紹介してくればのが、こちらの画面。

Firefoxと同様、複数画面を切り替える動き、操作インターフェイスなどなど。
数年間研究が続いているという成果を見せていただいた。

今年の秋の公開を予定しているという。
ただし、Mobile市場への参入は通信事業社との調整が課題になるだろう。

Firefoxの未来について、CEOからお聞きする機会をいただけて、ITmedia Biz.IDさんに感謝。

そして、イベントの詳しくは、ITmedia Biz.IDさんの記事、および参加したほかのブロガーさんに期待。

ブロガー応援企画:次世代Firefoxは? モバイル版は? Mozilla CEOに迫るブロガーイベント始まる – ITmedia Biz.ID
norah’#
覚え書き@kazuhi.to
りんご大好き
muneto.murakami.bizWeblog
Keita’sblog
知のレバレッジを最大化せよ
PASSIONHACK
hiniclip:ヒニクリップ
シストレFXグランプリ参加日記

Firefox3.0のダウンロード成功(Download Day)

6月 19, 2008

2008年6月18日の早朝(日本時間)からはじまった、Firefox3.0のDownload Dayに参加。

1日あたりのダウンロード数でギネス記録に挑むという企画。

わたしも職場と自宅とで、それぞれ1ダウンロードに成功。

さて、2:00まで残すところ10数分。
すでに7,589,186を達成。

快適なWebブラウジングに興味のあるかたは、ぜひダウンロードを!

Download Day - Japanese

自分マトリクス(2008.5.15)

5月 16, 2008

自分マトリクスとは、ゲームデザイナーの米光一成さんが提案するトレーニング。

自分を軸にして書きはじめよう。そのためには、自分の好きなモノから書いてみよう。
という流れで進んでいます。

「ブログ文章術 米光一成|Excite エキサイト ブックス : 自分の好きなモノって何だろう」から引用)

自分マトリクスを作る手順。

  1. A4の紙1枚を用意する
  2. 中央に自分の名前を書いて四角で囲む
  3. 周囲に自分が興味のあることを書き出す(制限時間15分

近ごろブログの記事が書ききれないので、もう一度自分の軸を見直したかった。

ところどころ興味のあることを書く、という趣旨から脱線しまくっているけど(^^;)

15分アウトプットするというのが、よい訓練になりそうだ。

なお、はじめは「iEdit」「カウントダウンタイマー」を使おうとした。
だが、結局はLAMYの万年筆とキッチンタイマーの組み合わせを選択。
アナログの文具のほうがスムーズかも。

ユビキタスに代わる言葉を知りたい

5月 8, 2008

ここ数日、探していることばがある。

土曜日は、師匠 川崎和男先生(大阪大学大学院教授:医学博士)の
ご自宅を訪ねて”ユビキタス”に代わることば、もっと人々の心に
響くことばに関しての教えをいただいた。

年末のメールで「来年はユビキタス元年にします!」とご挨拶を
していたところ、先生からは「ユビキタスという言葉はもう
使わないほうがいい、自分が新しい言葉を贈る事を約束します」と
いう感動的な返答をいただいた。

「「仕込み」の連休前半戦! | A’s BIT WORKS」から引用)

ユビキタスに代わる言葉がこの世にあるという。
自分でしばらく考えてみたが、まったく思いつかない。

どうにか知りたいと探っていると、もうひとつ記事を発見した。

また、「ユビキタス」という神学の言葉よりも、さらにその「体」を
表す新しい「ことば」を、僕の師匠である川崎和男先生から贈って
いただいた。(現在発売中のMacPowerの川崎和男氏の連載をご参照の程)

「軸がぶれないこと | A’s BIT WORKS」から引用)

どうやらMacPowerで発表されているようだ。

ユビキタスに代わる言葉を知るまで、あと少し(多分)。

Googleのページランク「5」の違和感

5月 7, 2008

2008年5月1日がGoogleのページランク(PageRank)の更新日だったそうだ。

一昨日(5月1日)から昨日(5月2日)にかけての時間帯で、newsingのGoogleページランクが5から6に上がりました。そのこと自体はGoogle先生が評価してくださったことなので素直に喜んでおこうと思っています。

「Googleページランクが上がるときの予兆 | 近江商人JINBLOG」から引用)

この記事を書かれた、newsingを提供しているマイネット・ジャパンの代表、上原氏の「近江商人JINBLOG」自体のページランクは「4」とのこと。

わたしもブログをあちこちに持っているので(笑)、調べてみた。

  • seesaa版(エントリーの数は最大だが、最近は更新中止)→3
  • nowa版(ランチタイムブログ用。更新頻度高い)→3
  • ココログ版(数ヶ月、利用したものの更新中止)→1
  • VOX版(エントリーはほぼ初回のみ)→0
  • はてな版(エントリーはほぼ初回のみ)→0

ほぼ予想通りだったが、驚いたのがこのWordpress.com版。

初めたばかりだったので、ずっと「0」が表示されていた。
それがいきなり「5」になった。

「近江商人JINBLOG」を上回るのは、どう考えても不自然だ。

原因は、ページランクのしくみにあるのだろう。いろいろ想像してみると、

  • 更新頻度が重視される
  • ページランクが初めて判定される場合、上ぶれする
  • WordPressのほうがMovebleTypeよりGoogleに検索されやすい

といったところだが、ふと「池田信夫 blog」の記事を思い出した。

先日あるグーグル関係者が「日本のウェブサイトのS/N比は先進国で最悪だ。特に新しくできるブログの4割がグーグルのSEOをねらったスパムブログだから、抜本的な対策を講じないと、グーグルもゴミに埋もれてしまう」と憂慮していた。

「日本のウェブが中国に抜かれる日 – 池田信夫 blog」から引用)

想像を越えて妄想になるが、スパムブログ対策としてブログの検索順位を下げる可能性はあるのだろうか。

本来なら喜ぶべきページランクの評価に違和感が残った。

参考情報

Google の人気の秘密

佐藤可士和さんや中村勇吾さんと仕事をするチャンス

4月 28, 2008

この2人と仕事ができるって、すごくそそる。

しかも、ユニクロはUNIQLO QLOCKUNIQLOCKやUNIQLO JUMPなど、面白いことしてるし。

あ。

【募集職種】 1.グラフィックデザイナー  2.WEB 専属グラフィックデザイナー  3.インターフェースデザイナー
【業務内容】 1.パッケージおよびPOPなどのグラフィックデザイン 2.トップバナー・ニュース・メルマガなどのグラフィックデザイン 3.E コマースサイトやトップページなどのユーザーインターフェース
【求める経験】1.グラフィックデザイン実務3年以上の方、英語力要 2.WEBデザイン実務3年以上の方、Flash経験のある方 3.WEBインターフェース構築実務3年以上の方、HTML(CSS)/Java Script/Flash の経験要

「佐藤可士和氏・中村勇吾氏と仕事するデザイナー募集」から引用)

職種がちがうし、そもそもこの手のキャリアがなかった(-_-;)

追記

同じような感想のかたがいた。

一瞬応募しそうになったじゃないですか!(笑)
いや、次の瞬間・・・・・「いや、無理だろ」と思い至りましたが(謎)

「Webディレクションやってます blog 佐藤可士和・中村勇吾と仕事する人が募集されてるだって!?」から引用)

経歴ずばりのかたでも、いろんな反応があるのだろう。

追記2

そんななか、つい最近「UNIQLO TODAY」をリニューアルをしました。リクルートとしてさりげなく「佐藤可士和氏・中村勇吾氏と仕事するデザイナー募集」という告知です。これは「参りました」というぐらいに魅力のある募集告知。

「UNIQLOCK 2 オーディション。4月26日に何かがあるらしい : ネットPR.JP – netpr.jp -」から引用)

ネットPR総合情報サイト、netpr.jpでも紹介されていた。
確かに、参りました、としか言いようがない。

おかげで、UNIQLO CLOCKではなく、UNIQLOCKであることを発見できた。